ステンレス製のマイボトルに残った茶渋をキレイに取る方法とは

suito_catch
LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 250
 
昨日から東京は少し暑さがおさえられていますが、それでも30℃オーバー 外での取材は正直しんどい!ということで最近はほぼ毎日ステンレス製のマイボトルを持ち歩いています。暑さに合わせて、氷の量を調整すればいいので、冷たさも調整できていい感じ。中身は麦茶や紅茶が多いのですが(コーヒーは別に専用ボトル使っています)、気になるのが茶渋

ネットなどを見ると「毎日洗っていれば、茶渋なんてつかない」なんてコメントも見たのですが、朝に入れて夜までちびちび飲んでいるので、結構、茶渋ついちゃいます。そこで、茶渋を取る方法を調べてみました。

漂白剤でつけ置き!? それ本当に大丈夫? 使って良い漂白剤とは

最初に思いついたのは漂白剤でつけ置き。陶器のカップなどは定期的に漂白剤を使っています。ただにおいもきついし、何となくこれで大丈夫!?って思ってしまったんです。

ちなみに私が愛用しているのは、これキッチンハイター。

キッチン泡ハイター ハンディスプレー
花王 
売り上げランキング: 347

 やはり塩素系です。

そう、ちょっと調べてみましたが、塩素系はどうやらNG。使うべきは「酸素系漂白剤」というやつでした。

安価に作る方法!? 重曹とクエン酸でお手軽炭酸ソーダ

何と調べてみると安価にできる方法がありました。100円ショップで手に入るもので作れちゃうんだそう。(とはいえ、実行するときは自己責任でお願いします。掃除用のクエン酸には「まぜるな危険」表示もあります!!!)

用意するもの

洗った炭酸ジュース用の500ccのペットボトル
沸騰させた後冷やした水 500cc
クエン酸 小さじ1
重曹 小さじ1

 

作成方法は簡単!

500ccのペットボトルに冷やした水を入れ、そこにクエン酸と重曹 小さじ各1を入れ、ふたをしっかりしめて振る。
 
これだけ!
冷たい水に溶かす理由は重曹とクエン酸が溶けるのを出来るだけ遅くして、ふたをしめるまでの間に漏れる気体(CO2)を出来るだけ減らして、濃い炭酸ソーダを作るためなんだそうです。 

使い方は・・・・・・

この炭酸ソーダを沸騰させ、水筒に入れ、しばらく放置させる。

参考にさせてもらったのはこちらのサイト

ちなみに100円ショップのダイソーで掃除用の重曹とクエン酸が購入できました。

が・・・・・・。作った炭酸ソーダを沸騰させる鍋とかね、別に重曹だし悪いものじゃあないのですが、私的には面倒!ということで、結果的に使うようになったのはステンレスボトル洗浄中という専用製品

小林製薬 ステンレス水筒洗浄中 8錠
小林製薬 
売り上げランキング: 1,588

500mlのステンレスボトルに40℃ほどのお湯(沸騰させて冷ましました)を入れて、錠剤を1錠。本当は350mlに1錠ということでしたが、500mlでも大丈夫でした。2時間ほど放置。お湯を捨ててみると、ちゃんとこびりついていた茶渋がキレイにとれました

8錠入って250円弱。大手の電機量販店の中に入っている薬局で購入しましたが、値段的には自分で作った方が安価なのかもしれませんが、私的にはこれでいいなぁと思っています。 

水月 和香

TVディレクター, ライター, 翻訳家の卵(勉強中) at フリーランス
報道・ドキュメンタリーを手がけるTVディレクターです。最近ではウェブライターの仕事も。翻訳家(出版翻訳)を目指し勉強中。
英語洋書の多読が趣味。海外ドラマと映画も好きです。
◆◇ 次回予告 ◇◆
次回の記事はたぶん、きっと……
ブログの下書きにはEvernoteが最強! 3日坊主だったブログが続くようになった3つの理由 」になる予定です。読み逃しなく♪
RSS購読はこちら →
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です